Q.高次脳機能障害で後遺障害等級が3級以下でも介護費用は認められますか。

[介護費用,常時介護,自宅介護,随時介護,高次脳機能障害]

A.


介護費用が認められる可能性があります。
その場合の金額は,介護の状況等によります。
1,2,3級すべて労働能力喪失率は100%として,それらの間は,介護を要するか否か,要するとして常時介護か,随時介護かによって区分がされています。
すなわち,1級=常時介護,2級=随時介護,そして3級は介護を要さないものとされています。
しかし,これは,一つの図式的な区分であり,裁判例を見ても実態に即して3級以下で介護費用を認めるものが,相当あるのです。

特に高次脳機能障害に特有の見守りや監視が,必要なことがまず挙げられます。
そして,核家族化が進んで高次脳機能障害の障害を負った被害者が自宅に一人残されてしまう場合が多いという社会の変化も背景にあると考えられます。

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ

むち打ちや脱臼、脊髄損傷など、幅広い疑問にもお応えします。ご相談は埼玉の弁護士、むさしの森法律事務所にご連絡ください。

0120-56-0075 受付時間:月~金(土日祝日も対応)午前9時30分~午後10時

フォームからのご相談予約はこちら

ページの先頭へ戻る