Q.高次脳機能障害による後遺障害障害5級ですが,将来の介護費用を認められますか。

[介護費用,看視,見守り,高次脳機能障害,5級]

A.


高次脳機能障害に着目して看視や見守りの必要性・程度に応じて日額2000円から3000円の範囲で認められる可能性があります。

毎日,継続的に介護が必要であるとは認められないが,ガスの消し忘れ等の「随時看視や声掛けが必要である」ならば介護費用日額2000円を認められると言えます(東京地裁平成16年9月22日判決)。
あるいは火の消し忘れに加えて,出先で居場所判らずパニック,暗証番号を忘れる等「看視・声掛け等外出時において絶えず付添介護が必要」な場合(大阪地裁平成20年5月29日判決)も同様といえます。br>
なお,一人暮らしが困難である場合に高次脳機能障害5級において2500円を認めた判決(大阪地裁平成11年1月25日)は, 「介護の程度を判断するのはきわめて困難であるが,医師の意見を参考にし,さらに,日常生活状況を併せて考えると,常時介護を100%とすると,50%の介護が必要である」としております。
一つの基準を示す例といえそうです。


そして,日額3000円を認めているのは,高次脳機能障害5級においても日常生活のあらゆる場面で常時介護とまではいかなくとも随時介護,つまり「看視及び声かけ」が必要とされる事案に対してと言えそうです(横浜地裁 平成15年7月31日判決)。


代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 加害者に、被害者にならないため,もしなった場合にはどうするのか,すべての人に必携の書です。

Amazon詳細ページへ

むち打ちや脱臼、脊髄損傷など、幅広い疑問にもお応えします。ご相談は埼玉の弁護士、むさしの森法律事務所にご連絡ください。

0120-56-0075 受付時間:月~金(土日祝日も対応)午前9時30分~午後10時

フォームからのご相談予約はこちら

ページの先頭へ戻る